【実食レポ】わんまいるの宅配食10日間

わんまいる宅配食の味や量、盛り付け、雰囲気などが気になる方はこちらを参考にしてみてください。
実際に私が食べてみた感想をまとめています。

 

『お試しセット5食分+健幸ディナー5食分』です。

 

公式サイトでは写真写りが良くなるように盛ってありますので、こちらの写真のほうが実態に即したリアルな料理の光景を目の当たりにできるかと思います。

 

思ってたのと違う…」とがっかりしないよう、あらかじめどんなサービスなのか把握しておくとよいでしょう。

 

 

実食レポ〜お試しセット5食分〜

1日目

主菜 淡路島玉ねぎと蛸の魚肉フライ
副菜@ ほうれん草、人参、厚揚げの炊き合わせ
副菜A ひじきサラダ

 

お試しセット1

 

淡路島玉ねぎと蛸の魚肉フライ

あっさりしつつもしっかりと味がついている
そこそこ辛みがあり、メインのおかずになる
湯せんよりも電子レンジのほうがよい

 

ほうれん草、人参、厚揚げの炊き合わせ

味は薄め
特筆すべき点もなく普通

 

ひじきサラダ

高校時代の寮を思い出した
素朴なひじきとマヨネーズの加工食品感が混ざり合って絶妙にご飯が進むこの感じ

 

感想

全体的に量が少ない分、ごはんを増やしたりや1品追加したりして補うのがいいかもしれない。
ただ、普段ただ腹を満たすためだけの食事をしている人は、腹八分目で抑えるためにも
これくらいが丁度いいとも言える。
味は充分満足。
普段絶対に作らないようなおかずばかりなので、退屈せずに食べられた。

 

 

ひじきサラダのおかげで終始高校時代に思いを馳せることになってしまった。
時に、味や匂いというものはアルバムを眺めるよりもいろんなことを思い出させてくれんだなあ、としみじみ思った。
おふくろの味、なんてものがあるのも納得がいく。
それがいい思い出ばかりならまだしもつらい思い出ばかりだと、薄味なはずのこの宅配食も少しだけ辛く濃く感じた。

 

ああ、一人部屋で虚空を眺める。

 

 

2日目

主菜 日南どりのメンチカツ
副菜@ 最上まいたけと玉ねぎのスープ
副菜A 3種豆とキャベツの胡麻サラダ

 

お試しセット2

 

日南どりのメンチカツ

ブラックペッパーがいい感じに後引きつつ、とりのさっぱり素朴な味も残る絶妙な組み合わせ
和洋折衷といった感じの味
スーパーの総菜とは一味違う

 

最上まいたけと玉ねぎのスープ

スープはほぼなく具沢山すぎる気もするが、まいたけの香りが強く確かな味わい
普段まいたけを買うことはないので、今後のレパートリーに加えてみるのもありか

 

3種豆とキャベツの胡麻サラダ

癖がなくほどよく酸味が効いている
3種の豆の違いを感じることはできなかったが、入っていたのだろう
胡麻ドレが好きな人なら問題なし

 

感想

宅配食といっても、やはり材料に気を使われていることが分かった。
普段食べることのない食材を食べられるというのが一番大きなメリットかもしれない。

 

今回気づいたのが、沸騰してからパックを入れて湯煎するのではなく、水の状態から入れておいてある程度沸騰して取り出したほうが、ガス代的にも時間的にも節約になるということだ。
味に差は出ないだろう。

 

 

3日目

主菜 本格麻婆豆腐
副菜@ ブロッコリーのおかか和え
副菜A ピーマンと玉ねぎ、人参の甘酢あん

 

お試しセット3

 

本格麻婆豆腐

少し辛めで味が非常に濃い
薄味ばかりかと思っていたが、これはかなり濃い
肉と辛みでご飯が進む

 

ブロッコリーのおかか和え

冷凍感がなく、味も歯ごたえもしっかりしている
かつおの風味がいい感じに効いている

 

ピーマンと玉ねぎ、人参の甘酢あん

甘辛い
嫌いな野菜が入っていなければ、そこそこおかずになるほど味が濃い
副菜で一番好きかもしれない

 

感想

今回のセットは中華っぽい。
マヨネーズかヨーグルトを加えると辛みが和らぎます、と書いてあるくらいだから、そこそこ辛い。
とはいえ、このくらいだったら問題なく食べられるだろう。

 

麻婆豆腐はそこそこの量があったし、おかずとしては十分だ。
麻婆豆腐だけ湯煎が10分であることに注意。

 

4日目

主菜 石見ポークの若竹煮
副菜@ 大豆五目
副菜A 厚揚げ、大根、人参の炊き合わせ

 

お試しセット4

 

石見ポークの若竹煮

竹がシャキシャキしていておいしい
鶏も味がしっかりついている

 

大豆五目煮

豆そのままの味
大豆の煮つけが嫌いでなければおいしいか
おせちを思い出す味

 

厚揚げ、大根、人参の炊き合わせ

薄目あっさり
おでんみたいな味

 

感想

実家の料理を思い起こさせるメニュー。
健康の良い感がひしひしと伝わる食材と味。
うまい。

 

惜しむべきはやはり量。
今回は特に少なく感じた。

 

5日目

主菜 宮城県産はまち漬け丼の具
副菜@ ほうれん草としめじ、ちりめんの卵とじ
副菜A 高野豆腐の炊き合わせ

 

お試しセット5

 

宮城県産はまち漬け丼の具

味がしっかりついていながらシンプル
醤油の味とはまちの味が絡み合っている
生魚を久しぶりに食べた気がする

 

ほうれん草としめじ、ちりめんの卵とじ

しめじの香りが強い
噛み応えがある
御飯が進む副菜

 

高野豆腐の炊き合わせ

毎度炊き合わせは薄味、でありながら素材の味はしっかりある
高野豆腐がおいしい
もうすこし大きいサイズを食べたくなる

 

感想

今回は特にヘルシーなおかずと味付け。
一人暮らしでは到底食べることのないラインアップで満足。

 

ただやはり量は控えめ。
他の2食で量はカバーするのがいいだろう。

 

実食レポ〜健幸ディナー5食分〜

1食目

主菜 宮崎県産黒毛和牛と黒豚のハンバーグデミグラスソース
副菜@ 洋風温野菜
副菜A コールスロー

 

健幸ディナー1

 

宮崎県産黒毛和牛と黒豚のハンバーグデミグラスソース

ハンバーグうまい 非常にうまい
久々に牛肉を食べた気がする
これはうまい

 

洋風温野菜

温めすぎてぱさぱさになってしまった
そのままの野菜って感じ
超薄味

 

コールスロー

聞きなれない料理名
いや聞いたことはあるけれど、具体的にどういうものか知らなかった
キャベツの噛み応えとマヨネーズの酸味がいい感じ

 

感想

今回が一番おいしかったかもしれない。
ハンバーグ結構大きかったし。主にハンバーグのおかげ。

 

3食のうち1食だけなら確かに有用だ。
料理作る手間が省けるのはやはり大きい。
実は普段自炊する人のほうが、恩恵があるのでは。

 

2食目

主菜 宮城県産姫たらのフライ
副菜@ じゃが芋ごま金平
副菜A ひじき煮

 

健幸ディナー2

 

宮城県産姫たらのフライ

おいしい やはりフライは湯煎よりもレンジのほうが良い
しっぽまで柔らかく口に引っかかることなく食べられる
ソースをつけなくても味がしっかりついている

 

じゃが芋ごま金平

ごぼうかと思いきやじゃが芋だった
ごぼうほどの歯ごたえはなく柔らかい
ごぼうのほうが好き

 

ひじき煮

実家を思い出す料理 やはりおいしい
そのままでもご飯に乗せてもおいしい

 

感想

フライ(魚)はめったに食べないから助かる。
副菜らしい副菜だった。小鉢料理は1人暮らしではほぼ作ることがないから久々に食べるものばかり。
もう少し料理スキルがあれば、副菜を多めに作って冷凍保存できるのだが、いずれ作りたい。

 

3食目

主菜 宮城県産 はまちの煮付け
副菜@ こんにゃく、大根、人参の味噌煮
副菜A 小松菜と人参のおひたし

 

健幸ディナー3

 

宮城県産 はまちの煮付け

肉厚でおいしい 煮魚なんて何か月ぶりだろうか
醤油の味と魚ならでは風味がいい塩梅
おかずになる 臭みも皆無

 

こんにゃく、大根、人参の味噌煮

味噌の味がしみ込んでいる
人参も大根もこんにゃくもうまい
ごぼうもはいっている

 

小松菜と人参のおひたし

いつぞやのスープよりも汁が多い
小松菜のほのかな辛さがきいている

 

感想

煮物を食べる機会はほぼないのでやはりこの点がメリットか。
魚をメインにおかずにすることもないし。
実家を思い出すような味付けがされているような気がする。
料理は時間よりも金銭面が影響する。やはり余裕がないほど食も粗末になる。

 

4食目

主菜 石見ポークのゴーヤチャンプルー
副菜@ ごぼうの旨煮
副菜A ほうれん草としめじとちりめんの卵とじ

 

健幸ディナー4

 

石見ポークのゴーヤチャンプルー

ゴーヤの苦みとポークのうまみが程よく調和していておいしい
これは結構好きかもしれない

 

ごぼうの旨煮

ごぼうの噛み応えと牛肉がいいおかずになる

 

ほうれん草としめじとちりめんの卵とじ

わんまいる定番の副菜感がある
何度か食べた気がする

 

感想

ゴーヤとか何年ぶりに食べるだろうか。
普段は絶対に食べない。
ゴーヤは確かに苦いが、たまにはいいかもしれない。

 

ごぼうの旨煮にも肉が入っていて、今回はおかずが充実しているように思う。
やはり若干量が足りない気がするが、食欲の出にくい朝、もしくは、量の必要ない夜に食べるのには適している。

 

5食目

主菜 本格麻婆豆腐
副菜@ ピーマン、玉ねぎ、人参の甘酢あん
副菜A 茄子のそぼろあん

 

健幸ディナー5

 

本格麻婆豆腐

これはやはりおいしい
一番好きなおかずかもしれない
辛さが程よい

 

ピーマン、玉ねぎ、人参の甘酢あん

お試しセットでも食べたが、甘酢の甘辛さ、酸っぱさ、玉ねぎ、ピーマンの苦みが
混ざりあって独特の味をしている
材料的にも自分で簡単に作れるか

 

茄子のそぼろあん

これも、あん
あんが3つのセットとは
茄子が大きく食感を楽しめる
やわらかなやさしい味

 

感想

改めて思う
やはりこのおかずたちを1人暮らしで用意するのは難しいと。
温めるだけですぐに食べられるのは非常に便利。
常に冷凍庫にストックしておきたくなる。

 

まとめ:【実食レポ】わんまいるの宅配食10日間

 

わんまいるの宅配食は、ただ美味しいだけでなく、いろいろな味が詰まっています。

 

味や香りから遠い昔の記憶に思いをはせてしまうこともあるかもしれません。
かつて食べたおふくろの味を、あなたの細胞が覚えているからかもですね。

 

食は人をそのままの意味で形作る重要なもの。
わんまいるの宅配食を試してみたことで、少し乱れていた食生活を見直すきっかけになりました。

 

便利かどうか、損なのか得なのか、美味しいのか美味しくないのか、だけに収まらない奥深い味の世界。
また食べたくなりました。
今日は何を食べようかな。

 

 

TOPへ